edano確かに、森法務大臣の虚偽答弁は、法務大臣の任にはない、と、わたしも思います。

でも、森法務大臣が、国会で虚偽答弁を重ねているのは、森氏個人の判断ではない、と、思います。
誰かの指示に従っているだけ、です。

不信任決議案の対象は、安倍首相自身ではないか、と、わたしは思います。


毎日新聞から


森法相の不信任決議案提出「司法制度の根幹揺るがす」 野党4党

 立憲民主、国民民主、共産、社民の野党4党は27日昼、東京高検検事長の定年延長を巡る対応に問題があったとして、森雅子法相に対する不信任決議案を衆院に共同提出した。政権寄りの議事運営が目立つとして、棚橋泰文衆院予算委員長(自民党)の解任決議案も提出した。与党は同日午後の衆院本会議でいずれも否決する方針だ。

 森氏は国家公務員法の法解釈を変更し、検察官にも定年延長を認めたと説明してきた。立憲の安住淳国対委員長は記者団に「森氏は、政府が踏襲してきたのを飛び越え、脱法行為までして定年延長を認めた。司法制度の根幹を揺るがし、法相として許しがたい。棚橋氏は、公平公正な委員会運営を行ってこなかったことは明らかだ」と説明した。

 これに先立ち、与党は衆院予算委員会理事会で、27日午後の委員会で2020年度予算案を採決するよう提案。野党は「審議時間が足りない」と拒否した。与党は強行する構えを見せており、野党は不信任案と解任決議案の提出により徹底抗戦する構えだ。