連合神津会長連合の神津会長が、3期連続で会長を続けることになったそうです。

まるで、自民党総裁を安倍首相が3選されたことに連動しているかのような、既視感。

連合という組織には、全く期待していません。それどころか、野党の政治的活動の障害にすら、なっているのではないか、と、不信感しか持てていません。
あの民進党解党、希望の党への移籍騒ぎのとき、連合の神津会長が果たした役割について、きちんと教えてもらいたい、と、思っています。


東京新聞から


連合、神津氏ら続投を承認 都内で定期大会

 連合は11日、東京都内で10日に続き定期大会を開き、神津里季生会長(63)、逢見直人会長代行(65)、相原康伸事務局長(59)がいずれも続投する執行部人事案を承認した。任期は2年。

 承認後、神津氏は「建設的な批判にはしっかり耳を傾け、誤解に基づく批判には丁寧に説明責任を果たさないといけない」とあいさつ。「このままの日本では破綻してしまう。私たちが未来を変えるために誠心誠意、前に向かって行きたい」と述べた。
 神津氏は東大卒。産業別労働組合(産別)の基幹労連委員長などを経て2015年から会長を務める。安定した組織運営が評価され、3期目入りした。