Unknown自民党の稲田朋美氏は、今回の内閣改造に伴う自民党の役員人事で、幹事長代行に就任していますが、憲法改正にむけて、活動を開始する、とのことです。

しかし

稲田氏は、安倍首相の肝いりで、防衛大臣に就任しましたが、部下たちの官僚機構をコントロールすることができず、シビリアンコントロールが効いていないのではないかと疑念を抱かせるほどの大失敗をした過去があります。

安倍首相、というか、日本会議の肝いり、なのでしょうけれども。

稲田氏が憲法改正に注力するのは、その政治家としての姿勢が、国民の方を向いていないことを示している、反対の方をみている、と、私は思います。

そうやって、階段をあがってきた政治家、なのですけれども。


NHKのニュースサイトから


憲法改正 必要性訴える 自民 稲田幹事長代行 全国行脚開始

自民党が目指す憲法改正に理解を得ようと、稲田幹事長代行は14日から各都道府県を回る「全国行脚」を始めました。

今回の自民党の役員人事で新たに就任した稲田幹事長代行は党が目指す憲法改正に理解を得ようと全国を回ることにしていて、初日の14日は滋賀県高島市で講演しました。
この中で稲田氏は「人事のあと初めて開かれた役員会で、安倍総理大臣は自民党の悲願である憲法改正をあと2年の任期で実現するため一丸となって取り組むと強く述べた」と説明しました。
そして「憲法改正がなぜ必要なのかまだ国民に理解されていない。幹事長代行として、この1年、全国津々浦々を回ってなぜ必要か訴えていきたい」と述べました。
また「災害があると自衛隊は頑張っているが、自衛隊は憲法違反だという指摘もある」として、自衛隊の明記など党が目指す憲法改正に理解を求めました。
憲法改正に向けて自民党は推進本部長などの体制を一新し、来月召集される見通しの臨時国会で議論を進めたい考えです。