連合神津会長共産党について、連合の神津会長が批判しているようですが、それは、まったくおかしなことだと思います。

こんな発言をして喜ぶのは、自民党の安倍首相とその利害関係者だけ、ではありませんか。

連合の会長を、神津氏がずっとやっていることと、安倍首相が長く首相の座にいることとは、リンクしているのではないか、と、感じます。

「官製春闘」などという言葉は、まやかしそのものである、と、思います。

労働組合の政治的あり方として、このようなことではまったくよくない、日本の政治が混乱する要因に、この連合のいびつな姿がある、と、私は思っています。


NHKのニュースサイトから

連合会長「共産党とは目指す国家像異なる」

共産党が呼びかける「野党連合政権」構想について、連合の神津会長は記者会見で「共産党とは目指す国家像が異なる」として、支援する立憲民主党と国民民主党が政権をともにすることはありえないという認識を示しました。

共産党は安倍政権に代わる「野党連合政権」の構想を取りまとめたいとして、連合が支援している立憲民主党や国民民主党などに協議を呼びかけています。
これについて連合の神津会長は記者会見で「共産党とは目指す国家像が全く違うので、立憲民主党や国民民主党と1つの政権を担うことは、理屈の上からありえない話だ。共産党は共産主義の国にしていくことが最大の目的だと思うので、一緒にスクラムを組んでやるということにはならない」と述べました。
一方、神津会長は今回の内閣改造について「今の安倍一強政治は、野党の求めに応じていない。改造を機に姿勢を改めてもらいたい」と述べました。