svg厚労省から内閣法制局に出向していた職員が、臨床研究法案の条文を、外部の製薬会社役員に漏洩していた、という。漏洩先の製薬会社役員は、厚労省にいたことがあり、漏洩した職員と同期だった、とのことです。

この問題については、いろいろな疑問点があります。

また、公務員の天下りが問題とされたのは、こういうことが起きるから、ですので、全く、問題は解決していない、ということかと思います。

安倍政権は、きちんと対処したのでしょうか。

そして、2016年におきた問題が、いまごろ、報道されることに大きな疑問を持っています。


毎日新聞から

内閣法制局幹部が法案漏えい 製薬会社役員に

 法案の審査などに当たる内閣法制局の幹部職員が2016年、公表前の臨床研究法案の条文を大阪市内の中堅製薬会社に漏らし、訓告処分を受けていた。この職員は厚生労働省出身で、省内の同期だった製薬会社役員にメールで伝えていた。厚労省の内部調査に職員は事実を認めたが、同省は発表していなかった。

 この職員は1992年に旧厚生省に採用され、法案を外部に漏らした2016年1月は内閣法制局に参事官として出向中だった。現在は厚労省の研究機関にいる。

(引用終わり)