svg
警察が持つ絶大な権力、権限は、民主的に運用されなければなりません。
もし、統治機構側に有利になるように、その反対の声を抹殺するために、警察力が使われるとすれば、それは、大きな間違いである、と、私は思います。

それを容認した柴山文科大臣の政治家としてのピークはここまで、と、感じました。


河北新報から


演説にやじの権利「保障されず」 文科相、埼玉県警取り押さえに

 埼玉県知事選の応援演説をしていた柴山昌彦文部科学相に対し、大学入学共通テストに反対するやじを飛ばした男性が県警に取り押さえられる事案があり、柴山氏は27日の閣議後会見で「大声で怒鳴る声が響いてきた。選挙活動の円滑、自由は非常に重要。そういうことは権利として保障されていない」と述べた。

 7月の参院選中、札幌市での安倍晋三首相の街頭演説にやじを飛ばすなどした聴衆が北海道警に排除された。表現の自由を巡り、柴山氏の発言は議論を呼びそうだ。
 柴山氏によると、やじは24日夜、JR大宮駅近くで、街宣車から演説を始めた際、男性から「柴山やめろ」などの声が上がった。


(引用終わり)

読売新聞から

応援演説中に抗議ヤジ、文科相「権利として保障されないのでは」

 柴山文部科学相は27日の記者会見で、埼玉県知事選の応援演説中に大学入試改革の反対を訴える抗議があったことについて、「そういうことは権利として保障されているとは言えないのではないか」と述べた。

 ツイッター上では、抗議をした男性が警察官に排除されたとして問題視する声があり、柴山氏は「わめき散らす声は鮮明にその場にいた誰の耳にも届きました」などと投稿していた。
 柴山氏によると、24日、大宮駅で街宣車に乗って演説を始めた際に「柴山辞めろ」「民間試験撤廃」とどなる声が聞こえた。柴山氏は「表現の自由は最大限保障されなければいけない」としつつ、「選挙活動の円滑、自由も重要な権利だ。集まった方々は候補者や応援弁士の発言を聞きたいと思っている」と見解を述べた。