edano中途半端に妥協しておかしな政治家を受け入れると、結局、財界や与党のリモートコントロールを受けてしまい、野党として責任ある行動がとれなくなってしまう、ということを心配しますので、枝野氏の判断にエールを送りたいと思います。

そもそも、後ろがないのは、立憲民主党ではなくて、国民民主党のはずですし。


NHKのニュースサイトから

国民の回答“受け入れられない” 再検討を要請 立民 枝野代表

衆議院の会派に加わるよう立憲民主党の枝野代表から要請された国民民主党の玉木代表は、衆・参両院で新たな統一会派の結成を求めると回答しました。枝野氏は、要請の内容と異なり受け入れられないとして、玉木氏に、改めて検討するよう求めました。

立憲民主党の枝野代表は、今月5日に、国民民主党の玉木代表と会談し、憲法改正やエネルギー政策などの党の政策を理解したうえで、衆議院の会派に加わるよう要請しました。
これを受けて、両代表が、15日、改めて国会内で会談し、玉木氏が、衆議院だけでなく、参議院でも統一会派を結成するよう求めたうえで、政策の方向性などについて協議し合意を形成するなどとする回答を枝野氏に手渡しました。
これに対して、枝野氏は「要請の内容と異なり受け入れられない」として、玉木氏に対し、改めて検討するよう求めました。
会談のあと、枝野氏は記者団に対し「国民民主党に持ち帰ってもらったが、国会で強力な体制を組み、安倍政権と対じしていかなければならないということは共有できている」と述べました。
一方、玉木氏は「秋の臨時国会を考えるとゆっくりとはできないので、早めに決着しなければならない」と述べました。