野田佳彦
社会保障を立て直す国民会議、は、財界がバックについている、国民民主党や連合の意向を代弁し、立憲民主党と交渉することになるのかな、と、想像しています。

閉塞感のただよう、この国の国民とこの国の将来のために、立憲民主党の活躍が必須と思っています。
立憲民主党のためになる結論が生まれることを期待しています。


毎日新聞から

社保・立憲民主党
統一会派、協議入り決定

 衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」(社保)は9日、国会内で会派総会を開き、立憲民主党から打診された統一会派結成について、立憲と協議入りすることを決めた。野田佳彦代表は記者団に「会派の合流に向けてのプロセスに入ることで意見集約した」と説明した。

(引用終わり)