edano
まず、国民民主党へ衆院会派への合流を呼びかけた立憲民主党ですが、この動きに対して、共産党が野党連携をすすめるために「野党連合政権」の構想を呼びかけたようです。

立憲民主党が、どこまで、国民民主党との共同を本気で考えているのか、わからないところがあります。
私は、無理に一緒になる必要はない、と、思っています。なぜなら、国民民主党は、財界や自民党の影響が強すぎる、からです。財界や自民党は、立憲民主党を抑制するために、国民民主党を利用しているふしがあります。

いずれも、立憲民主党をとりこみ、国会審議で存在感を示すために行われていることと思います。


NHKのニュースサイトから

共産 志位委員長 「野党連合政権」構想で協議呼びかけへ

共産党の志位委員長は、8日夜、東京都内で講演し、安倍政権に対じしていくためには、政策面の違いを留保してでも野党間の連携をさらに進める必要があるとして、次の衆議院選挙向けて、「野党連合政権」の構想を取りまとめるため、他党に協議を呼びかけたいという考えを示しました。

この中で、志位委員長は、先の参議院選挙で憲法改正に前向きな勢力が、参議院全体の3分の2を維持できなかったのは、野党間の共闘の成果だとしたうえで、「野党共闘が政治を変えるという本気度が強く求められている」と指摘しました。
そのうえで、「安倍政権に代わる野党の政権構想・『野党連合政権』に向けた話し合いを開始したい。政治的な分岐点については互いに留保、凍結して一致点で合意形成を図ることが大切だ」と述べ、次の衆議院選挙向けて、政権構想を取りまとめるため、他党に協議を呼びかけたいという考えを示しました。