Unknownポスト安倍の最右翼は、岸田氏から菅氏に変わりつつありますが、その器となる安倍政権の求心力が明らかに低下していることが、菅氏の心配の種、でしょう。
そこで、国民的人気の高い、小泉進次郎氏の取り込み、をはかっているのだろう、と、感じます。

安倍氏から、菅氏、そして、小泉氏と、政権のバトンをつなぎたい、と、考えているのかもしれません。

しかし、高度経済成長期の日本社会の特徴であった、均質性や、日本人の組織力の強さ、を、破壊したのは、小泉氏のお父さんである小泉純一郎氏の政権でした。
もちろん、父親と息子は、別人格ですけれども。


読売新聞から

菅氏「進次郎氏は入閣していい」、ポスト安倍の有資格とも

 菅官房長官が10日発売の月刊誌「文芸春秋」の誌上で自民党の小泉進次郎衆院議員と対談し、9月に予定される内閣改造で小泉氏が入閣候補者との考えを示したことがわかった。「ポスト安倍」の有資格者との認識も明らかにした。


 菅氏は対談の中で、聞き手から「小泉氏はもう閣僚になっていいか」と問われ、「私はいいと思う」と述べた。小泉氏が「ポスト安倍」の有資格者かどうか尋ねられると、「早すぎるということはない。本人がやる気であれば別に構わない」と述べた。