images支持率の低迷に悩んでいた韓国の文大統領の息を吹き返させることになった、のではないか、と、思っています。
安倍政権は、文政権の支持率が低く、求心力が低下していることから、経済的な対抗策を講じることで、局面の打開ができる、と、予想していた節がありますが、全く正反対の展開となりました。

北風と太陽は、どちらが、旅行者の外套を脱がすことに成功したんでしたっけ。

安倍首相は、悪化する日韓の関係を改善させる、出口戦略、あるんでしょうか?
そして、安倍政権にも期待してないのですが、相手の文大統領にも失望しました。もっと、理性的な方かと思っていましたので。そうするしか、選択肢がない、のかもしれませんが。

ナショナリズムを煽る政治家には、注意が必要です。


NHKのニュースサイトから


韓国 ムン大統領 優遇除外に「日本ぬすっとたけだけしい」

日本政府が、輸出管理の優遇対象国から韓国を除外する決定を行ったことを受け、韓国政府は2日午後、緊急の閣議を開きました。ムン・ジェイン(文在寅)大統領は、「事態をより一層悪化させる非常に無謀な決定で、今後の事態の責任はすべて日本政府にあるという点を明確に警告する」と述べ、日本政府を強く非難しました。

日本政府は、半導体の原材料などの輸出管理の強化に続いて、2日午前の閣議で、輸出管理の優遇対象国から韓国を除外する政令の改正を正式に決定しました。
これを受けて韓国政府は2日午後2時から大統領府で緊急の閣議を開きました。
冒頭、ムン・ジェイン大統領は「問題解決のための外交的努力を拒否して、事態をより一層悪化させる非常に無謀な決定だ」として、遺憾の意を示しました。
そのうえで「日本政府は、一定の期限を定めて交渉の時間を持つよう促したアメリカの提案にも応じなかった。今後の事態の責任はすべて日本政府にあるという点を明確に警告する」と述べ、日本政府を強く非難しました。
そして、日本政府の措置は、太平洋戦争中の「徴用」をめぐる韓国最高裁判所の判決に対する報復であり、韓国経済に打撃を加える意図があるとする認識を示しました。
さらにムン大統領は「加害者の日本がぬすっとたけだけしく大声をあげている状況を決して座視することはできない」と述べ、対抗措置をとる考えを示しました。
さらにムン大統領は「われわれは再び日本に負けることはない」と述べ、韓国政府として輸入先の確保や国産化の技術開発などを支援する考えを示すとともに、国民に結束を呼びかけました。