logo首相が望む憲法改正に国会が進まないから、と、いって、議長を交代させる、というのは、いったいどういうつもりなのでしょうか。

安倍政権がおかしいのは、行政府の長である安倍首相が、国権の最高機関である国会よりも上位にあるように振る舞うことで、これだけでも、私は看過できない、と、感じています。

この背景には、衆議院の小選挙区への改革と、参議院の政党政治化、があると思っていますが、最大の要因は、自民党の政治家たちの劣化、安倍首相の人格の問題、が、あると思っています。

国家権力は、もっと、細分化して、互いに牽制し合うような体制でないと、私たち国民の生活を脅かす存在になることは間違いありません。


毎日新聞から

萩生田氏 改憲議論停滞で「有力な方を議長に」 大島氏交代に言及

 自民党の萩生田光一幹事長代行は26日夜のインターネット番組で、国会で憲法改正の議論が停滞したままであれば大島理森衆院議長が交代する可能性に言及した。萩生田氏は安倍晋三首相の側近。改憲を巡る議論を進展させたいとの思惑があるとみられるが、衆院議長の交代は総選挙後に行われるのが慣例で、首相が意欲を示す改憲議論の停滞を理由に議長の進退に触れた発言は波紋を広げそうだ。

(引用終わり)