Unknown
気になるのは、「潔白は証明されていない」と「犯罪を犯した明白な証拠がある」との間です。
つまり、政治家としての責任と、刑事法制としての有罪との間には距離があるなあ、ということです。

モラー氏が述べたのは、来年の大統領選挙で立候補すべきではない、という意味であって、有罪である、と、述べたのではない、と、感じています。


NHKのニュースサイトから

ロシア疑惑「トランプ氏退任後は訴追も」大統領選へ攻防激化

アメリカで「ロシア疑惑」の捜査報告書をまとめたモラー元特別検察官が議会で証言し、大統領の潔白は証明されていないという認識を改めて示しました。野党 民主党は追及を強める構えで、「ロシア疑惑」をめぐる攻防は来年の大統領選挙に向けて一層激しくなりそうです。

2016年のアメリカ大統領選挙にロシアが干渉したとされるロシア疑惑の捜査を指揮したモラー元特別検察官は24日、連邦議会下院で初めて証言しました。
モラー氏は、トランプ大統領が捜査を妨害した疑いについて、大統領の潔白は証明されていないという認識を改めて示しました。
そして、捜査報告書でトランプ大統領を訴追すべきかどうかの判断を明らかにしていない根拠として「現職の大統領は刑事訴追できない」という司法省の見解を挙げたうえで、大統領が退任したあとは訴追されることもありうるという考えを示しました。
この証言のあとトランプ大統領は記者団に対し「ロシア疑惑をめぐる捜査がアメリカにとっていかに屈辱的で、時間のむだだったかということが証明された」と述べ、疑惑の追及は不毛だという考えを強調しました。
一方、野党 民主党はペロシ下院議長が「きょう、目にしたことはトランプ政権の隠蔽体質の顕著な現れだ」と述べるなど追及を強める構えを見せていて、ロシア疑惑をめぐる与野党の攻防は来年の大統領選挙に向けて一層激しくなりそうです。