logo
明らかに自衛隊や元自衛官たちが関わっている関連団体からの要請か、要望があったのだろう、と、予想します。陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊の3自衛隊に配慮している内容だから、です。

「はたらくくるま」の図鑑なのに、航空機や潜水艦って、おかしくないですか。

あ、将来の自衛官になりうる幼児たちにアピールか。自衛官不足の現状があるから。
警察も消防もそのような観点から、このような図鑑にも協力するのでしょうけれども。

一番の問題は、そして、そのような要請があったことをひた隠し。
この国のシビリアンコントロールの危機にもつながることだと、危惧します。



朝日新聞から

幼児向け「はたらくくるま」図鑑に戦車 不適切との指摘

 出版社の講談社ビーシーは22日、幼児向けの乗り物図鑑「はじめてのはたらくくるま 英語つき」に、装甲車両や戦闘機などを掲載したのは不適切だったとして、同書は今後増刷しないと発表した。「武器としての意味合いが強い乗り物を子ども向けの本に載せるのは不適切だ」などと、市民団体や読者から指摘があったためだという。

 同書は3~6歳向けで、2018年11月に講談社が発行。子会社の講談社ビーシーが編集を担当した。全30ページのうち6ページで、自衛隊の装甲車両や戦闘機を取り上げたという。中には潜水艦など、車ではないものもあった。本の回収はしないとしている。
 講談社ビーシーの担当編集者は取材に対し、「様々な種類の車両を紹介したいとの思いだったが、幼児向けの知育図鑑としては適切でなかった。政治的な意図や要請があって掲載したわけではない」と話した。