logoこの会議に出席することは、「アメリカの有志連合に参加する気持ちはある」という意思表示になる、と、私は思います。

アメリカからの様々な圧力があることは想像していますが、おそらく、私の想像を超える圧力がかかっているのだろう、と、思いますが、それでも、自衛隊を適切にシビリアンコントロールするためには、憲法に抵触することはできません。

できることとできないことを、明確に意思表示する責任が、日本政府にはある、と、思います。


NHKのニュースサイトから

ホルムズ海峡安全確保 米構想の説明の場に日本も出席で調整

中東のホルムズ海峡などの安全確保のため、アメリカ政府が今月19日に関係国に新たな構想を説明する場に、日本政府も担当者を出席させる方向で調整しています。

アメリカとイランの対立で緊張が高まる中、アメリカ軍はホルムズ海峡の安全を確保するため、同盟国などとの有志連合の結成を検討していて、国務省のフック特別代表は、今月19日に関係国に対し新たな構想について説明する場を設ける考えを明らかにしました。
これを受けて日本政府は、アメリカにある日本大使館から担当者を出席させる方向で調整しています。
有志連合の結成をめぐっては、岩屋防衛大臣は16日「この段階で、いわゆる有志連合に自衛隊の参画を考えているものではなく、自衛隊を派遣することは考えていない」と述べています。
ただ日本政府としては有志連合をめぐるアメリカの構想が明らかにならない中、担当者を出席させることで構想の具体的な内容について情報を収集するねらいもあるものとみられます。