edano
今回の参議院選挙の比例区で、「民主党」と書くと、国民民主党の票としてカウントされることになっています。
立憲民主党の枝野氏の政党を「民主党」と、何度も演説で述べる安倍首相、これは、邪推の範囲に入るのかもしれませんが、安倍首相としては、立憲民主党の票を減らし、国民民主党に入れさせようとする狙いがあるのかもしれません。

国民民主党の方が、与党政府から見ると、対峙しやすいのでしょう。

そもそも、枝野氏が、当時の民進党の立候補ができず、でも、「選別」されて、希望の党からの出馬を断念せざるを得なかったことに、与党自民党、政府の関わりもあったのではないか、とさえ、思っています。少なくとも、二階氏が後ろにいた、と、感じています。

小池都知事、細野豪志氏、長島昭久氏などの動きを見ていると、そのことを強く感じざるを得ません。