49379732.png今の日本の政治を、広告代理店政治、と、思っています。
民放テレビが、完全にその支配下にあるのは当然の状況なのですが、それから、独立していたNHKも、安倍政権になってから、広告代理店の影を強く感じるような番組づくりが多くなってきた、と、思います。

そのNHKから国民を守る、というスローガンの政治団体がありますが、それは、間違っている、と、私は思います。

守らねばならないのは、NHKであり、その対象は、広告代理店から、です。
広告代理店が、この国の民主主義を歪めている、と、思っています。

広告代理店の後ろには、スポンサーである財界があり、また、政権があります。さらに、その背後には、アメリカ軍やアメリカ政府があるかもしれません。

広告代理店から国民を守る、必要があると思います。
民主主義がきちんと機能するためには、主権者たる国民がきちんと考え、判断し、その政治的意思を自由に発露できる環境が必要です。きちんと考えるためには、正確な情報にアクセスできる、きちんと教えられることが必須です。

民主主義を正し、国民に政府を取り戻すために、NHKを守らなければなりません。

NHKから国民を守る、という政治勢力に多額の資金援助をしている存在があると思いますが、それは、どこでしょうか。