images安倍首相にとっては、憲法改正も、自分の政権への支持率を高めるための、国民たちへの目くらまし政策の一つ、なのでしょうか。

安倍政権をずっと継続してみてきましたが、目くらましのように、次々と政策を食べ散らかし、また、外交成果も上がらず、という、注意力散漫な子供のようです。いや、子供の方が将来性があり、ポテンシャルに期待するところがありますが。

アベノミクスをみていても感じるのですが、この政権が長く続けば続くほど、国益を害し、この国の未来が暗くなる、と、心配しています。

あの大戦争で、東条内閣がいつまでも存続したのも、このような空気だったのかもしれません。
いつか、サイパン陥落、が、安倍政権にも来るんでしょう。心配。その時には、日本全体が沈没、です。

でも、こんな政権で満足している国民有権者がだめなんでしょう。