logo
ナショナリズムを煽る政治家には注意が必要と思っています。
これらの議員は、安倍首相を支援する保守的な政治集団から支援を受けている議員たちと思われます。

2016年第24回参議院議員通常選挙に自民党から比例区で立候補、当選しているのが、
青山繁晴氏と山田宏氏です。

2012年の第46回衆議院議員総選挙で、
福岡2区から立候補、当選しているのが、
鬼木誠氏

2017年の第48回衆議院議員総選挙で、
比例代表東京ブロックより立候補、当選しているのが、
高木啓氏

長尾敬氏は、大阪14区選出ですが、経歴が変わっていて、もともとは、旧民主党です。
2009年(平成21年)8月30日の第45回衆議院議員総選挙で初当選。
2012年の第46回衆議院議員総選挙では無所属で立候補したあと、安倍首相の判断で自民党公認となったが落選、2014年の第47回では落選したが比例復活し当選、2017年の第48回衆議院議員総選挙では大阪14区で当選、という議員です。


東京新聞から

自民有志、男系の皇位継承を 年内提言へグループ発足

 自民党の保守系有志議員が12日、父方に天皇を持つ男系の皇位継承を求める議員グループ「日本の尊厳と国益を護る会」を発足させた。旧宮家(旧皇族)の皇籍復帰を検討する。女性天皇、父方に天皇がいない女系天皇のいずれにも慎重な立場を取る。年内に提言をまとめ、安定的な皇位継承策に関する政府の議論に反映させたい考えだ。

 グループは他に、中国など外国資本による土地取得を制限する立法を目指し、外国スパイの活動を阻むための法整備も働き掛ける。
 発起人は鬼木誠、高木啓、長尾敬の3衆院議員と青山繁晴、山田宏両参院議員の計5人。