Unknown自分たちの政府の言うこと、が信頼できない、と言うのは、問題と私は思っています。

貿易交渉など、機微な内容について、政府が口をつぐむ、ということは容認しなければならない、と、思う反面、今までの安倍政権がやってきたことを思い出すと、不信感が強くなるばかり。

もちろん、政府から関連業界へのコンタクトが始まりますので、どんな交渉が行われたのか、ということは次第に明らかになっていきます。
参議院選挙にも響いてくることでしょう。8月まで政府が何もしない、ということはないでしょうから。


東京新聞から

米「TPPに縛られず」 農業関税 日本に譲歩迫る

 安倍晋三首相は二十七日、東京・元赤坂の迎賓館でトランプ米大統領と会談し、日米貿易交渉に関し、早期妥結に向けて協議を加速させることで一致した。トランプ氏は会談後の共同記者会見で、日本政府が貿易交渉の土台とする環太平洋連携協定(TPP)について「縛られない」と強調し、農業や自動車分野で妥協しない考えを示した。八月に妥結できるとの見通しも語ったが、日本側は合意はしていないと説明した。両首脳は北朝鮮の非核化や日本人拉致問題の解決を目指して緊密な連携も確認した。

 トランプ氏は貿易交渉について会談冒頭で「八月に発表ができると思う」と話した。会見では「われわれの目標は米国の貿易赤字を減らし、全ての障壁を取り除くことだ」と説明した。
 日本政府は農産物に関して、TPPと同水準の関税引き下げ・撤廃が限度との立場だが、トランプ氏は「他の国々が合意したものであって(水準に)縛られるものではない」と話した。
 首相は、トランプ氏が掲げた八月の交渉妥結に関する質問には答えなかった。菅義偉官房長官は二十七日の記者会見で「具体的な時期は聞いていない」と説明した。
 首相は会談で、拉致問題解決に向け、条件を付けずに北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との会談実現を目指す方針を説明。トランプ氏は協力姿勢を示した。首相は会見で、日朝首脳会談については「現時点でめどが立っているわけではない」とした。
 北朝鮮の短距離弾道ミサイル発射について、トランプ氏が会見で「気にしない」と話したのに対し、首相は「(国連)安保理決議に違反し極めて遺憾だ」と述べ認識の違いが表面化した。
 イラン情勢を巡り、首相は会見で、緊張緩和に努める考えを説明。首相は六月のイラン訪問を検討しており、トランプ氏も支持するとした。
 両首脳は昼食を含めて約二時間四十分会談した。首相とトランプ氏の首脳会談は十一回目。六月に大阪で開く二十カ国・地域(G20)首脳会合でも会う予定で、異例の三カ月連続の会談となる。