logo自衛隊ですから、弾薬を貯蔵することは当然であり、特に離島であれば、即応するためにある程度の量の弾薬を保管しておくことは当然のことと思います。

それに対して、説明を求める住民に、「弾薬庫」ではなく「保管庫」、という説明をしたのであれば、それは、虚偽で隠蔽である、と、私は思います。

自衛隊のシビリアンコントロールにも関わる問題であり、看過してはならない、と、主権者として思います。


東京新聞から

弾薬保管 与那国も説明せず 陸自貯蔵庫 防衛省、隠ぺい否定

 日本最西端の与那国島(沖縄県与那国町)に二〇一六年三月に新設された陸上自衛隊「沿岸監視隊」配備を巡り、防衛省が一三年八月に町に提出した住民への説明資料に、駐屯地内に迫撃砲弾などを保管する弾薬庫を「貯蔵庫」と記載していたことが、町や防衛省などへの取材で分かった。弾薬を保管することが一切説明されないまま住民投票が行われ、配備に賛成の結果が出ていた。 

 防衛省については、今年三月に開設した宮古島の陸自駐屯地内の弾薬庫についても、住民に「弾薬庫ではなく保管庫」と説明していたことが判明している。
 沿岸監視隊は東シナ海を航行する中国の艦船や航空機をレーダーなどで監視するのが主な任務。町によると、防衛省は一三年八月、「与那国駐屯地等の整備について」というA4判十三枚ほどの資料を示し、外間守吉町長ら複数の担当者に配備を説明した。
 資料には建物計画概要や景観計画、完成イメージ図、環境保全計画などが記載され、迫撃砲弾などを入れる弾薬庫は「貯蔵庫施設」と書かれていた。何を入れるかの説明はなかったという。
 町はこの資料などをもとに、一四年二月に住民説明会を開いた。「貯蔵庫」には言及せず、住民からの質問も、誘致理由や、レーダーの人体への影響、有事の際の避難経路、基地建設後に米軍が使用する可能性などに集中したという。
 同年六月に、反対派の住民らでつくる「与那国島の明るい未来を願うイソバの会」共同代表の山口京子さん(60)らが沖縄防衛局へ公開質問状で「火器・弾薬の保管施設の場所などの計画はあるか」などと尋ねたが、回答はなかった。
 着工後の一五年二月、誘致の是非を問う住民投票が行われたが、賛成六百三十二票、反対四百四十五票と、約六割が賛成する結果に。一年後に沿岸監視隊が発足。その後、防衛省は赤嶺政賢衆院議員の質問に、弾薬庫であることを認めた。
 防衛省整備計画局の複数の担当者は、取材に「部隊を配備するのだから弾薬を置くのは当然で、隠す意図はなかった。これまで呼称が貯蔵庫や保管庫、弾薬庫など統一されていなかったので、今後は『火薬庫』にする」と説明した。
 どんな弾薬を保管しているかは「防衛上の機密で答えられない」とした。一方、ある陸自幹部は取材に「陸自部隊の標準装備である迫撃砲弾と中距離多目的誘導弾、対舟艇・対戦車誘導弾などは配備されているはずだ」と推測した。
 地元で配備に反対してきた飲食店経営の猪股哲さん(42)は「弾薬庫だと説明があれば、住民投票の結果は大きく違ったはず。防衛省は住民に知識がないのをいいことに口をつぐみ続けた」と批判した。