玉木雄一郎国民民主党は、女性宮家の創設を容認すべき、と、述べたようです。
ただし、男系で、とのこと。
また、皇位継承についての議論には、皇族側の意見をくみ取ることも必要ではないか、とのことです。

愛子さまが皇太子となる可能性が高まってきたように思います。


NHKのニュースサイトから

「女性宮家創設など速やかに議論し結論を」 国民 玉木代表

国民民主党の玉木代表は記者会見で、安定的な皇位継承を確保するため、政府に対し女性宮家や女性天皇の在り方を速やかに議論し結論を得るよう求めました。

この中で玉木代表は、安定的な皇位継承を確保するための対応について「女性宮家の創設や女性天皇の議論は、速やかに行って結論をえるべきだ」と述べ、政府に対し速やかに議論し結論をえるよう求めました。
また「憲法の制約があり非常に難しいが、当事者である皇族方の意見を何らかの形で聞くことも必要ではないか」と述べました。
一方で玉木氏は、女系天皇について「男系の女性天皇は認めてもいいと思うが、男系の伝統を変えることは長い歴史を変えることにもなるので、現時点では非常に慎重に考えている」と述べました。