Unknownニールセン国土安全保障長官が辞任したそうです。

ケリー氏も政権を去ったままですし、マティス国防長官もやめています。
アメリカの国防戦略、大丈夫かな。


毎日新聞から

トランプ政権、国境警備策強化へテコ入れか 国土安全保障長官が辞任

 トランプ米大統領は7日、ニールセン国土安全保障長官の辞任をツイッターで発表した。理由は明らかにしていないが、政権が最大公約に掲げる国境警備策強化に向けた組織テコ入れの可能性がある。トランプ氏は長官代行に、税関・国境警備局(CBP)のマカリーナン局長を充てることも明らかにした。

 国土安全保障省はテロ対策や国境警備策を担う。ニールセン氏は前任のケリー長官が大統領首席補佐官に転出したのを受け、2017年12月から長官を務めた。トランプ氏は「ニールセン氏の貢献に感謝したい」とツイート。7日にトランプ氏とホワイトハウスで会談したニールセン氏も「新時代に向けた国土安全保障改革で進展があったが、身を引く時期と判断した」などとする辞表を提出した。
 急増している中南米からの不法移民流入を「国家的危機」と呼ぶトランプ氏は、難民申請受理の完全停止など強硬な対策が進んでいないとして、担当閣僚のニールセン氏に閣議の場などでたびたび不満を示していたとされる。3月末にはニールセン氏がホンジュラスを訪問、中米3カ国との不法移民発生防止策で合意した直後に、トランプ氏が3カ国への資金援助中止を発表。連携の欠如が浮き彫りになっていた。
 また、ニールセン氏はケリー氏の長年の側近として知られ、昨年末のケリー氏退任以降、政権を去るとの観測が広がっていた。
 幹部の交代が相次ぐトランプ政権で現在、省庁トップを「代行」が務めるのは国土安全保障省と国防総省、内務省。ケリー氏の後任のマルバニー氏も首席補佐官代行のポストのままとなっている。