images台湾海峡が緊張していると感じます。

しっかりと、様子を見ておかねばならない、と、思います。


NHKのニュースサイトから


中国軍戦闘機 台湾空域に侵入 米台関係強化をけん制か

台湾当局は31日、中国の戦闘機2機が台湾海峡の中間線を越えて台湾側の空域に侵入したと発表しました。アメリカのトランプ政権が台湾への関与を強める中で、中国側がこうした動きをけん制するねらいがあるとみられます。

台湾の国防部によりますと、31日午前11時ごろ、中国軍の「殲11」戦闘機2機が台湾海峡の中間線を越えて台湾側の空域に侵入したということです。
台湾海峡の中間線は、中国と台湾の双方の軍が偶発的な衝突を避けるための境界線になっていて、ここ数年、中国軍機が近づくことはあったものの、中間線を越えるのは極めて異例です。
台湾側は複数の戦闘機を緊急発進させ、一時緊張が高まりましたが、その後2機は中国側に引き返したということです。
台湾の総統府は31日夜、声明を発表し、「中国のこうしたやり方は地域の安全と安定への挑発で、平和を脅かす行為をやめるべきだ」と強く反発しています。
台湾海峡では、アメリカ海軍の艦艇がことしに入って3か月連続で通過しているほか、アメリカのトランプ政権が27年ぶりとなる台湾への戦闘機の売却に前向きだという報道もあり、中国の戦闘機による侵入はこうした動きをけん制するねらいがあるとみられます。