images
そもそも、安倍首相は、何を目的として、政権を維持しているのか、そして、4選を目指すなら、それは何のためか、ということがよくわからない、というところがあると感じます。
世論調査で、安倍首相の自民党総裁4選に反対が6割近くを占めた、ということで、「余人をもって代えがたし」とは、国民は思っていないことが明らかになった、と、思います。


産経新聞から

安倍総裁4選「反対」6割 内閣支持、不支持並ぶ 産経・FNN世論調査

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)は16、17両日、合同世論調査を実施した。自民党内に浮上している安倍晋三首相の党総裁連続4選論に関連し、3期目の総裁任期が終わる平成33年9月以降も安倍首相が続投することについて、「反対」が59.3%を占め、「賛成」の31.1%を上回った。

 ただ、首相にふさわしいと思う現職の国会議員で、安倍首相の実績を超えることができると思える議員について、具体的な名前を挙げられる議員がいるかどうか質問したところ、「いる」と答えたのが21.3%だったのに対し、「いない」は68.4%だった。
 安倍内閣の支持率は、2月16、17両日に行った前回調査比で1.2ポイント減の42.7%、不支持率は0.1ポイント減の42.8%となり、支持と不支持がほぼ並んだ。

 親による子供への体罰については、法律で「禁止する方がよい」が55.9%を占め、「禁止しない方がよい」は31.3%だった。「虐待」と「しつけ」を明確に線引きすることができるかどうかに関しては「できる」が45.5%で、「できない」の44.9%をわずかに上回るにとどまった。
 平成の時代に関し「良い時代だった」と答えたのは60.1%に達した。新しい時代が平成よりもよい時代になると「期待している」のは66.7%に上った。
 10月に予定している消費税率の8%から10%への引き上げについては「反対」が53.3%と、「賛成」の41.0%を上回った。
 東京都知事選が来年に予定される中、小池百合子知事の支持率は43.5%、不支持率は36.2%だった。

 主な政党支持率は、自民党34.0%▽立憲民主党9.6%▽国民民主党0.9%▽公明党4.6%▽共産党3.4%▽日本維新の会2.8%-だった。