russiaプーチン大統領自身の発言のようです。

当時のソ連が、日本の千島列島や樺太を占領することについては、アメリカの了承が得られていたように、私は想像しています。
北海道の占領は認めなかった、のだろうと思いますが。

終戦間近に、アメリカ軍が、北海道や東北地方にあった、日本の製鉄所などを空襲や艦砲射撃で破壊しますが、その目的は、日本の敗戦後、ソ連軍が、北海道や東北地方を占有し、製鉄所などの軍需生産設備をソ連に持ち去ることを防ぐ目的があった、と、聞いたことがあります。

つまり、今の北方領土の不法占拠を解消するためには、アメリカも交渉のテーブルにつく必要がある、ということかと思います。



読売新聞から


プーチン氏、日露交渉は「勢い失われた」…露紙

 ロシア紙コメルサントは15日、プーチン大統領が日露平和条約交渉について、「勢いは失われた」との認識を示したと報じた。北方領土を日本に引き渡した場合、日米安全保障条約に基づき、米軍が駐留する可能性があることに改めて懸念を示したとしている。

 コメルサントによると、プーチン氏は、モスクワで14日に開かれた財界人との非公開の会合で、平和条約締結に向け「まず日本が米国との条約(日米安保条約)を離脱しなければならない」と語り、日米同盟が交渉の障害になっているとの見方を示した。
 プーチン氏は、これまでの交渉で「安倍首相が(北方領土に)米軍基地は設置されないと保証した」と明らかにした一方、駐留させないことを担保する「現実的な方法はない」とも指摘した。
 日露両国は、歯舞、色丹の2島引き渡しを明記した1956年の日ソ共同宣言を基礎に平和条約交渉を本格化させる方針だ。