images
国会審議に協力しない、などという文書を提出するような方が、国の重要な責務につくようなことは許されない、と、私は思います。
つまり、西村氏が、そんなことを考えている、とは、思えないのです。

この文書は、総務省の役人が勝手に作った、とのことですが、これも、首相官邸からの指示か、または、忖度か。

安倍政権の混乱ぶりが露呈しています。


東京新聞から

「統計委員長 国会に協力しない」 総務省、無断で文書作成

 総務省統計委員会の西村清彦委員長が多忙を理由に国会審議に協力しない意向を示したとする文書を、総務省職員が西村氏に無断で作成し、野党に示していたことが二十五日、明らかになった。西村氏は不快感を示し、石田真敏総務相は衆院予算委員会で陳謝した。

 文書は総務省が二十二日に衆院総務委の野党理事らに配布した。西村氏本人の弁として「統計委員長は非常勤の時間給のアルバイト公務員でしかなく、私は本務として研究教育、企業関連の取締役や顧問の仕事を抱えている」と説明。「これ以上、本務に支障をきたす形では協力できない」と国会審議への出席に応じない考えを示した。署名や日時は記していない。
 これに対し、西村氏は二十五日、総務省を通じて野党側に書面で「そのような『文書』を提出するように指示したことはない。極めて遺憾だ」と伝えた。国会審議については「重要性は強く認識している。研究教育等の本務に支障のない限りにおいて、国会には協力する」と強調した。西村氏は毎月勤労統計の問題を巡り、十二日以降三回、衆院予算委に出席していた。
 石田総務相は二十五日の同委で「不正確な文書が出回ったことは大変申し訳ない」と述べた。国民民主党の渡辺周氏は「西村氏が国会に出ない理由を総務省が捏造したのではないか」と追及。石田氏は「担当職員が西村氏とやりとりする過程のものだ」と釈明した。