logo福井県知事選挙は、現職の西川氏が立候補を予定している中で、自民党としては、新人の杉本氏を推薦することが決まりそうです。
現職の西川氏が立候補を断念するかどうか、が、次の焦点になる、と、思います。


当サイトの関連記事

2019/02/02
現職知事の立候補を断念させる画策も 福井知事選挙 保守分裂か
http://politic.blog.jp/archives/1073855958.html

2019/01/22
県知事選挙 4県で自民系分裂選挙か 福岡、福井、島根、徳島
http://politic.blog.jp/archives/1073758816.html


沖縄タイムスから

自民、新人杉本氏推薦へ 福井県知事選

 自民党は14日、4月の福井県知事選に立候補する元総務官僚の新人杉本達治氏(56)の推薦を15日にも決める方向で最終調整に入った。一部の自民県議は5選を目指す現職西川一誠氏(74)を支援し、分裂選挙の可能性がある。党側は候補者を杉本氏で一本化することを目指しており、分裂回避に向けた動きを強めている。党関係者が明らかにした。

 党内には分裂による夏の参院選への影響を懸念する声があり、杉本氏の支援を巡り、「推薦」より党の関与が少ない「支持」とする案が浮上していた。