edano政府の側からの具体的な案が見えてこない中、立憲民主党が素案をまとめた、とのことで、これで、与野党間での話し合いが進展して、法整備が促進されることを期待しています。


NHKのニュースサイトから


立民 外国人材の適切な受け入れ目指す法案の骨子案まとめる

外国人材の適切な受け入れ態勢を確保するため、立憲民主党は、国が認めた企業に限って雇用を認めることや「多文化共生庁」の新設などを盛り込んだ法案の骨子の素案をまとめました。

外国人材の受け入れが4月から拡大されることから、立憲民主党は適切な受け入れ態勢を確保するための法案の骨子の素案をまとめました。
素案では、法令違反がないことなど、国によって適格性が認められた企業に限って外国人の雇用を認めるとしています。
また、労働力が不足している業種や地域などを考慮して、受け入れる外国人の枠を決めることも盛り込んでいます。
さらに、外国人の人権を守るため「多文化共生庁」を新設し、国と自治体などが連携して、支援態勢を確立するなどとしています。
立憲民主党は、法案を取りまとめたうえでほかの野党にも協力を呼びかけ今の国会に提出したい考えです。