edano
この寄付をした外国籍の人は、後援会の会費としての納入ではなく、寄付金として扱うことも求めていることや、1万円という額から考えても、その後、明るみになったという経緯から見ても、善意の寄付者ということではないのでは、と、私は感じています。
真実が明らかになることはないだろう、と、思いますけれども。


読売新聞から


辻元氏を擁護、枝野氏「防ぎようがない」

 立憲民主党の枝野代表は9日の文化放送のラジオ番組で、辻元清美国会対策委員長の政治団体が外国籍の男性から寄付を受けていたことについて、「何の問題もない」と述べ、責任を否定した。振込用紙に外国人は献金しないよう求める記述があったと指摘し、「勝手に振り込まれたら防ぎようがない」とも語った。

 一方、特別会員として自民党の二階派に入った無所属の細野豪志・元環境相について、「細野さんに勝てるような候補者を立憲民主党として立てたい」と述べ、次期衆院選で対抗馬を擁立する考えを示した。