官僚機構を、民主的に選ばれた政治家がコントロールする、というのは、私たちの国の基本的構造と思います。

だから、官僚たち、特に高級官僚たちが、ヒラメ官僚と揶揄されるような、政治家たちのことを意識して働いているのは、官僚機構の民主的支配の姿なのだろう、と、受け止めることにしました。

だから、現状の混乱の、根源的問題があるのは、官僚機構をコントロールしている政治家たちにある、と、私は考えます。

しかし、その政治家たちを選んでいるのは、主権者である私たち国民。

つまり、最終的な責任は、私たち国民にあるんだ、ということ。

もちろん、政治家たちが、主権者である国民に、知らせるべきことをきちんと知らせていない現状がある、と、私は考えていますので、国民が全て悪い、とは言えないとも考えています。

民主主義には、マスコミ、ジャーナリズムの役割が大きいこと、実感しています。

この国を、よりよい方向に、改善していかねば、と、考えています。
そのたには、どうすればいいのか。