北朝鮮私たちの社会には、たくさんの外国人の方々が住んでおり、これからさらに増えるようになる政策が行われることや、また、さらに、歴史的にみると、朝鮮半島出身の方々については、戦争に負けるまでは「日本人」でしたので、より一層、手厚い対応が求められる、と、私は思っています。

安倍政権が、この勧告に従うとは思えませんけれども。
私たち主権者である国民に対する勧告と私たちは受け止めなければならない、と、思います。


NHKのニュースサイトから

朝鮮学校を授業料無償化の対象に 子どもの権利委員会が勧告

朝鮮学校が高校授業料の実質無償化の対象外になっていることについて、国連で採択された条約に基づく「子どもの権利委員会」は、「ほかの外国人学校と同じように扱われるべきだ」として日本政府に見直しを勧告しました。

「子どもの権利委員会」は国連総会で採択された「子どもの権利条約」の下、各国の子どもの人権状況を審査していて、7日、スイスのジュネーブで記者会見して日本についての審査結果を公表しました。
この中で委員の1人は、朝鮮学校が高校の授業料の実質的な無償化の対象外になっていることについて、「ほかの外国人学校と同じように扱われるべきだ」と述べ、委員会として日本政府に見直しを進めるよう勧告しました。
これについて日本政府は先月行われた審査で、「朝鮮学校は当時の法令にのっとって定められた審査基準に適合すると認められず、無償化の対象にならなかった。生徒の国籍を理由とした差別には当たらない」と説明しています。
勧告に法的な拘束力はありませんが、委員会では次の審査までに日本政府に対応を報告するよう求めています。