images
領地と領海の上空は、その国の領空とされています。

しかし

日本が戦争に負けた後、占領軍により、日本の空の施政権は奪われました。

その後、日本は独立を果たし、占領軍は退去したのですが、同時に結ばれた日米安保条約により、日本国内に、引き続き、アメリカ軍が駐留することになりました。
空域も一部は、日本に引き渡されたのですが、多くの空がアメリカ軍の管轄下に置かれています。

そのため、羽田空港に発着する旅客機の枠を増やすにも、アメリカの了解が必要なのです。

これは、おかしい、と、思います。

北方領土も大切ですが、日本の空の施政権を取り戻すことも、それと同様に大切なことと、私は思います。


NHKのニュースサイトから

横田基地の空域通る新飛行ルート 米が受け入れ 羽田便増へ

東京オリンピック・パラリンピックに向けて羽田空港の発着便を増やす新たな飛行ルートの設定について、難色を示してきたアメリカ政府が東京大会への影響を考慮して受け入れる考えを示し、近く日米両政府で合意する見通しとなったことが分かりました。

東京オリンピック・パラリンピックに向けて政府は、先に、羽田空港の国際線の発着便を増やすため、東京都心の上空や在日アメリカ軍横田基地が航空管制を行う空域を一時的に通過する新たな飛行ルートを設ける方針を決めました。
しかしアメリカ側は、軍用機の訓練などに支障が出かねないなどとして新たな飛行ルートの設定に難色を示し、調整は難航していました。
政府は東京大会が来年に迫る中、新たな飛行ルートが設定できなければ大会運営にも支障が出かねないとして理解を求めた結果、アメリカ側も最終的に設定を受け入れる考えを示したということです。
これを受けて日本とアメリカ両政府は近く署名を交わし、正式に新たな飛行ルートの設定について合意を交わす見通しとなりました。