images写真は、二階氏。

静岡5区における、細野氏の選挙強さは凄まじいものがあります。
もちろん、自民党公明党サイドから対抗馬は立候補していますが、その候補に比例当選を許さないほどの大差で勝利を続けています。

ということで、次回の衆院選に、細野氏の対抗馬が自民党から立候補することはない、と、思われます。当選すれば、自民党に入党が許される、という見込みでしょうか。


NHKのニュースサイトから

細野豪志氏 無所属のまま自民二階派へ

民主党政権で環境大臣などを歴任した無所属の細野豪志衆議院議員は、無所属のまま自民党二階派に加わる意向を固め、派閥の幹部も了承しました。

細野豪志衆議院議員はおととしの衆議院選挙で当時の希望の党から当選したあと、希望の党が当時の民進党に合流する形で去年5月に結成された国民民主党には参加せず、現在、無所属で活動しています。
28日、通常国会が召集される中、細野氏は自民党の二階派に加わる意向を固め、派閥の幹部も了承しました。
細野氏は当面、自民党には入党せず引き続き無所属で活動し、自民党会派にも所属しないとしていますが、二階派に加わることで国会での投票行動は自民党に合わせるケースが多くなるとみられます。
細野氏は衆議院静岡5区選出の当選7回で47歳。
民主党政権では総理大臣補佐官として東京電力福島第一原子力発電所の事故対応にあたったほか、環境大臣などを歴任しました。
細野氏はこれまで、自民党に代わる保守の政権政党を実現したいとしてきましたが、今後は自民党の派閥に加わり、安全保障などの政策に取り組むとしています。