russia安倍首相は、ロシアとの北方領土返還交渉において、賠償請求権を放棄することを方針として固めた、そうです。

当時の住民の方々には、日本政府が保障を肩代わりすることにする、という。

日本と韓国との間の徴用工の問題解決と同じ方法ですね。


読売新聞から

北方4島、日露で賠償請求放棄案…日本が提起へ

 日本政府は、ロシアとの平和条約交渉で、北方4島に関する賠償などの請求権を互いに放棄するよう提起する方針を固めた。平和条約と同時に、請求権放棄を定めた協定を締結する案が浮上している。戦後、自らの土地に住めない状態を強いられた日本人の元島民らには、日本政府が補償する方向で検討している。

 複数の日露交渉筋が明らかにした。両国間の戦後処理を終わらせ、未来志向の関係を構築する狙いがある。
 1956年の日ソ共同宣言は両国間の戦争状態を終結させるとともに、「(旧ソ連が対日参戦した)1945年8月9日以来の戦争の結果として生じたすべての請求権を相互に放棄する」と明記した。
 しかし、日本政府は「共同宣言は戦争状態が終わるまでの『略奪や財産の損壊』を念頭に置いたもので、元島民の土地所有権などに基づく請求権は放棄していない」(関係筋)との立場だ。日本の領土であるにもかかわらず戦後も占領が続いた北方4島について、日本政府は、国や元島民がロシアに賠償などを求める権利があるとしてきた。