連合神津会長
連合が、ハリボテの虎、という感じがしています。
その内実は、旧総評系と旧同盟系の、つまり、旧社会党系と旧民社党系の、労働組合のグループに分かれており、それぞれが、立憲民主党と国民民主党に政治的にも分かれている、ということのようです。

連合が主導権を握る、ということができるかどうか。

そもそも、あの「希望の党」「民主党解体」騒ぎ、には、連合の責任も大きかった、はずです。
特に、立憲民主党には、今の連合の執行部には不信感も根強いのではないか、と、感じています。


東京新聞から

連合、参院選で野党共倒れを警戒 改選複数区

 連合は、来年夏の参院選で支援する立憲民主、国民民主両党の候補が改選数2以上の複数区で競合し、共倒れする事態を警戒、候補者調整に乗り出す構えだ。神津里季生会長は20日の記者会見で「懸念を深めざるを得ない状況もみられる」と憂慮した。
 神津氏は「野党が複数区で複数議席を取れるのか。事実上、1人区みたいなところも相当ある」と指摘。野党系は1議席確保にとどまる選挙区が多いとみて、候補一本化の必要性を強調した。
 複数区では、京都(改選数2)で立民、国民両党が新人の擁立を決定。北海道(同3)、埼玉(同4)、神奈川(同4)でも、両党は1人ずつ擁立する方針だ。