images積極的に考えを述べる、という姿勢は基本的に良いことだ、と、思いますので、発言自体を問題視するつもりは私はありません。

ただ、私たちの社会は、天皇制を国民統合の象徴として存続させ、その政治的権能は否定しているわけですから、このことを政治的な問題として大々的に扱うことには否定的な考えを持ちます。

秋篠宮が、宮内庁長官を「聞く耳を持たなかった」と批判しましたが、それで正しい、のです。

ということで、そもそも、私は、現在の天皇制は、皇族への非人間的な立場を受忍することを要求しており、そして、私たちの社会は、十分に統合されており、生きた人間や家族をいただいて、象徴として存在する必要もない、と、思っています。
人間の天皇制は廃止して良い、と、私は考えています。
気の毒な一家を、その奴隷的状態から解放してあげたい、と、願っています。

そんな感想を持ちました。


朝日新聞から

秋篠宮さま、大嘗祭支出に疑義「宮内庁、聞く耳持たず」

 秋篠宮さまが30日の53歳の誕生日を前に紀子さまと記者会見し、天皇の代替わりに伴う皇室行事「大嘗祭」について、「宗教色が強いものを国費で賄うことが適当かどうか」と述べ、政府は公費を支出するべきではないとの考えを示した。この考えを宮内庁長官らに伝えたが「聞く耳を持たなかった」といい、「非常に残念なことだった」と述べた。

 記者会見は誕生日当日の30日に報道されることを前提に、22日に行われた。政府が決定した方針に、皇族が公の場で疑義を呈することは異例。秋篠宮さまは来年5月の代替わり後、皇位継承順位第1位で皇太子待遇の「皇嗣」となる。
 大嘗祭は、新天皇が新穀を神々に供えて世の安寧や五穀豊穣などを祈る儀式。1990(平成2)年に行われた前回の大嘗祭では、国から皇室の公的活動に支出される公費「宮廷費」約22億5千万円が使われ、「政教分離に反する」という批判は当時から根強くあった。政府は今回も、儀式に宗教的性格があると認めつつ、「極めて重要な伝統的皇位継承儀式で公的性格がある」として宮廷費を支出する方針を決めた。前回を踏襲して同規模の儀式を想定しているが、人件費や資材の高騰で費用が増す可能性もある。
 これに対し、秋篠宮さまは天皇家の「私費」にあたる「内廷会計」で賄うべきだと述べた。遺産や国から支出されている内廷費などだが、使途は天皇家の裁量で、通常の宮中祭祀にも使われている。
 秋篠宮さまは「身の丈にあった儀式」にすることが本来の姿、とも述べた。前回の代替わりでも同様の意見を述べていたといい、今回も宮内庁の山本信一郎長官らに「かなり言った」というが、考えてもらえなかったという。
 山本長官は直後の会見で「聞く耳を持たなかったと言われるとつらいが、そのようにお受け止めになったのであれば申し訳ない」と話した。一方、天皇陛下からは即位関係の諸儀式などは皇太子さまとよく相談して進めるよう伝えられているといい、「ご理解を頂いて進めている」としている。
     ◇
 〈大嘗祭〉 新たに即位した天皇が1代に1度限り行う重要な儀式。稲作農業を中心とした古代社会の収穫儀礼に根ざしたもので、7世紀の天武天皇の大嘗祭が最初とされる。中核の「大嘗宮の儀」では、新天皇がその年に収穫された米などを神々に供え、自身も食し、五穀豊穣や国家安寧を祈る。今回は来年11月14~15日に予定。このために皇居・東御苑に大嘗宮(前回は建設費約14億円)が新設され、儀式後に解体・撤去される。