日本の労働市場を、アジアのレベルに引き下げることが、外国人労働者受け入れ問題の根幹である、と、私は見ています。

外国人労働者の労働条件は、日本人の労働者の労働条件に直結しているのです。

増大する社会保障費の抑制のために、介護士を外国人にする、という政策なら、まだ、理解しなければならないかもしれません。
しかし、私企業がやっている領域に、外国人労働者を受け入れることは、日本人労働者の待遇も引き下げられることにつながります。