Unknownあのウオーターゲート事件では、時の大統領が大統領の陰謀について捜査をしていた司法省の特別検察官の解任を巡り、司法庁長官や副長官を辞任させたことが、大統領の辞任につながる出来事でした(「土曜日の虐殺」)。

今回は、中間選挙結果が出てすぐ、のタイミングでの辞任劇となりました。

後任人事が最大の焦点になる、と、思います。


朝日新聞から

セッションズ司法長官が辞任 トランプ氏、不満あり更迭

 トランプ大統領は7日、自身のツイッターで、セッションズ司法長官が辞任したことを明らかにした。大統領選に介入したロシアとトランプ氏のロシア疑惑に関する対応で、トランプ氏はセッションズ氏が指導力を発揮しなかったとして以前から不満を持っており、事実上の更迭とみられる。

 トランプ氏は6日に投開票された中間選挙の前から閣僚の交代を示唆。中間選挙では、上院は自ら率いる与党・共和党が過半数を維持したが、下院は野党・民主党に過半数を奪還された。トランプ氏は下院で民主党から政権の不祥事などを厳しく追及される前に、新たな体制づくりに乗り出したとみられる。
 トランプ氏は2017年1月に政権を発足させた際、セッションズ氏を司法長官に任命するほど信頼が厚かった。しかし、ロシア側と接触していたことを理由に昨年3月、セッションズ氏がロシア疑惑の捜査に関与しないと宣言したことに、トランプ氏は強い不満を持っていた。