images急に、親中になったかのような安倍首相、いささか、困惑していますが、この状態は本来あるべき状態と思いますので、喜ばしく感じています。

ただし、両国ともに、相手を見つめる視線の向こうに、アメリカのトランプ大統領があることは間違いないでしょう。

それから

両国の間が親密になることを望ましく思わない人が、互いの国にいることは間違いありません。

それが、相手の政府なのか、相手の国民なのか、微妙な違いはあるかもしれませんが。

内心の自由は、互いに尊重する必要があると思いますから、ある範囲内であれば、許容しなければならない、と、私は思います。

問題は、その範囲、でしょうか。

個人の内心は許容しなければいけません。

しかし、それを発露し、主張する自由について、よく考えなければなりません。
大変、難しい問題だと思います。

それから

アメリカ政府や軍など、この両国の状態を好ましく感じていない政治勢力が、両国の世論を反目させる方向に、何らかの謀略を働かせる可能性がある、と、気になっています。