Unknown来年の参院選のことを考えてのことか、とも想像していますが、よくわかりません。

希望の党は、保守的な思想をバックボーンにした政党と思っています。与党ではありませんから、野党ということになるのかもしれませんが、片山さつき氏を猛烈に批判したようですけれど、その狙いがよくわかりません。
そもそも、その立ち位置すら、不明確な印象を持ってしまいます。


朝日新聞から

「逃げる片山さつき氏、徹底追及すべき」希望・松沢氏

希望の党・松沢成文代表(発言録)
 唯一の女性大臣の片山さつき地方創生相に(国税庁への口利きの)疑惑がある。「今、法廷闘争中なので余計なことはしゃべれません。弁護士に言われています」っていうのは逃げの常套文句なんですよね。どの方も言いますよ。ただ、そうやって逃げの姿勢を通しているだけでは、ますます疑惑が深まって、むしろ片山大臣の立場を厳しくする。

 野党側としては徹底追及していくべきだと思います。片山大臣が追い込まれるとなると、安倍内閣としてかなり危機に瀕するのではないか。(25日、記者会見で)