連合神津会長連合は、国民民主党をしっかり応援するつもりのようです。
あの「希望の党」騒ぎの結果、民主党から、保守的な議員がはなれ、残りの議員が立憲民主党、国民民主党と岡田氏や野田氏のように無所属議員たち、に別れた、という感じですが、その責任は、当時の民主党代表の前原氏や希望の党を立ち上げた小池都知事とともに、連合の神津会長にもある、と、私は思っています。

しっかりと責任、尻拭いをしてもらいたい、と、思います。

沖縄タイムスから

国民民主、連合と連携を強化へ 参院選や統一選を見据え

 国民民主党の玉木雄一郎代表と平野博文幹事長は12日、新執行部が11日に発足したのを踏まえ、東京都内の連合本部を訪問し、神津里季生会長らと会談した。終了後、玉木氏は記者団に「来年の参院選や統一地方選へ、一層連携を強化していくと確認した」と述べた。

 同時に、立憲民主党との野党共闘に関し「連合が接着剤になる形で、両党の連携が進むことを期待している」と強調。参院選に向け、連合と結ぶ政策協定の議論を加速させる意向を示した。
 玉木氏によると、神津氏は野党共闘に「組合員が応援しやすい態勢をつくるとともに、政党間でコミュニケーションを取り連携を図ってほしい」と要望した。