images日本を取り戻す、というキャッチフレーズで、首相の座についた安倍首相は、当初、靖国神社への参拝が普通にできるようにしたい、という考えに囚われていた、と、思いますが、昨年から、安倍内閣の閣僚が終戦の日に靖国神社を参拝することはなくなっているそうです。

中国や韓国との良好な関係を保つことは、日本の総理大臣として大切な責務だと私は思っています。


東京新聞から

閣僚の靖国参拝、2年連続でゼロ 関係改善へ中韓に配慮、終戦の日

 終戦の日を迎えた15日、第4次安倍内閣の閣僚は東京・九段北の靖国神社への参拝を昨年に続き2年連続で見送った。安倍晋三首相も参拝せず、自民党総裁として私費で玉串料を奉納した。政権として、中国や韓国に配慮し、関係改善の流れを加速させたいとの意向が働いたとみられる。

 8月15日の閣僚の参拝は第2次安倍政権発足以降、2013年から4年続き、昨年初めてゼロとなった。
 今年は、日中平和友好条約調印40周年の節目。首相は9月の自民党総裁選で連続3選を図り、10月の訪中を目指す。北朝鮮による拉致・核・ミサイル問題の解決で、韓国との緊密連携も欠かせないことが背景にある。