企業が即戦力を求める傾向が強くなり、将来性のある若者を雇用して、人材として成長するように投資することに、消極的になっていると感じています。

定年を迎えた現役世代を、いつまでも、雇用し続けているのも、そんな背景があるのかもしれません。

しかし、これでは、社会は衰退する、と、心配しています。
次世代を担う若者たち、将来の社会を支える若者たちが、専門的知識や技術、経験を得られないまま、なんて。

もちろん、企業の投資を受けて、スキルや資格を身につけた若者たちが、世話になった企業をやめて、他の企業や独立を選ぶ、という風潮も、企業が人材に投資をしない理由かもしれません。

労働力の流動化、は、やはり、労働者たちより企業にメリットが大きい、と、感じます。