Unknown「禅譲」路線の岸田氏は立候補を取りやめましたが、石破氏は突っ走るようです。
「おごった党」ではいけない、と、石破氏は主張しているようです。

全くその通り、と、思いますが、自民党内での「擬似」政権交代、権力の「たらい回し」には反対です。
政権交代は、きちんと有権者の選択で行われるべき、そのための二大政党制への変更、であった、と、私は思います。

だから、安倍自民党が、その強権的で、中央集権的な、独裁的な性質はそのままにして、「おごった党」として継続してもらい、次の国政選挙で主権者である国民の審判を仰ぐ、というのが正しいことだと私は思います。

ただ、そのためには、あと、数年、安倍内閣が継続する、ということですけれども。


東京新聞から

石破氏、事実上の総裁選出馬表明 「おごった党運営見直す」

 自民党の石破茂元幹事長は26日、東京都内で開かれた共同通信加盟社論説研究会で講演し、9月の党総裁選に出馬する意向を事実上表明した。「選挙は行われるべきだ。自分の損得や保身は捨てなければいけない」と述べた。3選を目指す安倍晋三首相(党総裁)との論戦へ意欲を強調。安倍政権下の党運営や国会対応を念頭に「おごり高ぶり、同じ党の同志をさげすむ自民党であってはならない」とけん制した。

 総裁選は首相と石破氏の一騎打ちの見通しが強まっている。国会議員票で優位に立つ首相に対し、石破氏が強い対抗心を示した格好だ。