小野寺五典
イージス・アショア導入に反対の立場の者としては、延期、は、喜ばしいことだと思いますが、安倍政権の性質として、このような判断が、どこでどのように決定されたのか、という説明責任をきちんとすべきだと思います。

全くのブラックボックスの闇の中から、まるでお告げのように、重要な政策判断が出てくる、というのは。


NHKのニュースサイトから

「イージス・アショア」配備 候補地の反発で調査を延期へ

新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」について、防衛省は、配備候補地の地元が強く反発していることを踏まえ、現地の調査を行う業者を選ぶ入札を延期する方針を固めました。

北朝鮮の弾道ミサイル対策として、政府は新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を、山口県萩市と秋田市にある自衛隊の演習場にそれぞれ1基ずつ配備する方針です。
防衛省は配備に向けて、現地の地質の状態や、周辺住民の生活環境への影響を調べる調査業者を選ぶ入札を26日から受け付ける予定でした。
一方で地元の自治体から、防衛省が行った住民説明会だけでは不安は解消されていないとして、調査の手続きを延期するよう要請が出ていて、防衛省が対応を検討していました。
その結果、防衛省は、住民の理解が得られないまま手続きを進めれば、さらに反発が強まりかねないとして、調査業者の入札を延期する方針を固めました。
今後、レーダーの種類など装備の全体像や生活への影響などをさらに詳しく説明し、改めて手続きを再開したいとしています。
防衛省としては、米朝首脳会談を受けて北朝鮮が直ちに弾道ミサイルを発射する状況ではなくなる中、地元の理解を丁寧に得たうえで配備を進めるほうが得策だと判断したものと見られます。