ミンシン
三重県の旧民進党勢力は、岡田克也氏が束ねている形で、三重新政の会、という地域政党になっていますが、来年の参院選に県会議員を擁立することを決めたそうです。

また、政党の名称は、三重民主連合、に、変更する予定だそうです。立憲民主党も応援することになると思われます。共産党はどうするかしら。

いずれにしろ、激しい選挙戦になりそうです。


毎日新聞から

参院選三重
「三重新政の会」が県議で新人の芳野氏擁立へ

 来夏の参院選三重選挙区(改選数1)で、三重県選出の旧民進党国会議員らが4月に設立した地域政党「三重新政の会」は、三重県議で新人の芳野正英氏(43)を擁立する方針を固めた。9日に記者会見して発表する。

 芳野氏は同県四日市市出身。京都大卒業後、三重新政の会の暫定代表を務める中川正春衆院議員の秘書などを経て、2011年に四日市市議に初当選した。2015年の県議選に出馬して当選し1期目。
 岡田克也衆院議員らは5月の国民民主党結党に参加せず、立憲民主党との連携軸をつくる役割を果たすとして、三重新政の会を設立した。三重民主連合に改称し、28日に設立総会を開く予定。
 三重選挙区には自民党現職で再選を目指す吉川有美氏(44)と、共産党新人で元津市議の中川民英氏(50)が立候補を予定している。