images大いなる矛盾、欺瞞である、と、私は思います。

日本の「保守」派の中に、そうとは思えない行動をすることがあり、強烈な違和感を感じることがあります。

安倍首相は、本人も保守政治家と考えている、と、思いますが、その支持者たちも含めて、本当にそうでしょうか。
やっぱり、カギカッコ付きの「保守」政治家に過ぎないのではないか、と、私は以前から、考えています。

いま、安倍政権は、自らが招いた政治や行政の私物化により、大変な危機に面していますが、その危機のたびに、アメリカのトランプ大統領に助けを求めているのではないか、と、思います。

安倍首相は、自ら、外交が得意としているそうですが、本当にそうでしょうか。

国内の支持基盤が揺らいでる政治家は、きちんと私たちの国益を守ることができるでしょうか。
国益より、自らの政治的利益を優先することがないでしょうか。
外交の交渉相手に、足元を見られ、必要以上に譲歩を求められていないでしょうか。

早く、安倍首相が退任しないと、私たちの国益が損じるばかりではないでしょうか。

心配しています。