images
安倍首相が、来日中の中国の李克強首相を厚遇しているのは、もちろん、外交戦略を親中国路線に切り替えたため、ですけれど、これほどの厚遇をしているのは、やはり、中国との独自のパイプを持っている二階氏への配慮、である、と、思います。

その二階氏は、今のところ、安倍首相の自民党総裁3選を支持し続けています。
さすが、二階氏、というところでしょうか。


毎日新聞から

安倍首相
中国首相の北海道日程に同行 北朝鮮対応へ厚遇

 安倍晋三首相と中国の李克強首相は11日、札幌市で、日中の地域間交流をテーマにした「日中知事省長フォーラム」に出席した。安倍首相はこの日、李氏の全日程に同行。拉致問題をはじめ北朝鮮への対応で中国との協力を進めるため、厚遇ぶりが際立った。

 安倍首相が外国首脳の地方訪問に同行するのは異例。今回は中国側の要請に応じた。
 北海道などの知事と中国の省長らによるフォーラムで、安倍首相は「大切なことは両国の戦略的互恵関係を目に見える形で実行に移すことだ」と表明。李氏は「中日関係を正常な軌道に戻し、長期的、安定的に発展させたい」と応じた。
 両首相はその後、北海道苫小牧市のトヨタ自動車北海道苫小牧工場を視察。安倍首相は恵庭市のテーマパークで昼食会を開き、北海道産の魚介料理やすしで李氏をもてなした。
 李氏は中国の著名な画家が描いた馬の絵を安倍首相に贈り、「馬は中国で成功の象徴」と語りかけた。