Unknown
アメリカの主要同盟国の中で、唯一、鉄鋼とアルミの問題を提示されているのが日本です。

茂木経済再生担当大臣とライトハイザー通商代表による協議が始まることになったそうで、これは、二国間貿易協議そのもの、である、と、わたしは感じています。

アメリカにとって、日本が嫌がっていた二国間協議のテーブルにつかせるための引き換え条件が、米朝首脳会談での拉致問題の提起であるのなら、アメリカにとって、それは、お安いこと、ということになるかもしれません。

それに、アメリカが提起しても、それに北朝鮮が応えるかどうか、は、全く不透明であり、アメリカのトランプ大統領は、拉致問題の解決を約束した、のではないから、です。



NHKのニュースサイトから

日米首脳会談終わる 自由で公正な貿易実現へ協議開始で合意

アメリカ南部フロリダを訪れている安倍総理大臣はトランプ大統領とゴルフをしたあと、日本時間の19日早朝、双方の経済閣僚も交えて2日目の日米首脳会談に臨みました。会談で両首脳は、自由で公正かつ相互的な貿易取引を実現するため、茂木経済再生担当大臣とライトハイザー通商代表による協議を始めることで合意しました。

安倍総理大臣は18日、米朝首脳会談に向けて日米の基本方針をすり合わせるためトランプ大統領との初日の首脳会談に臨みました。
この中で安倍総理大臣は「北朝鮮の核・ミサイル問題、そして日本にとって大切な拉致問題について積極的に話し合いたい。完全かつ検証可能で不可逆的な方法での核・ミサイルの廃棄に向けて認識を共有したい」と述べました。
これに対しトランプ大統領は「米朝首脳会談でわれわれは拉致問題を提起する。日本のために最善となるようベストを尽くす」と述べ、米朝首脳会談で日本人の拉致問題を提起する考えを表明し、安倍総理大臣は謝意を示しました。
そして両首脳は、北朝鮮の核・弾道ミサイル開発計画の完全で不可逆的かつ検証可能な形での廃棄を目指し、最大限の圧力をかけていくことで一致しました。
2日目の19日、安倍総理大臣はトランプ大統領と2人でゴルフをし、日本時間の午前4時前から茂木経済再生担当大臣やライトハイザー通商代表らも交えて2日目の首脳会談に臨みました。
冒頭、トランプ大統領は「われわれは巨額の対日赤字を抱えているので、できれば均等にしたい。比較的短期間で何がしかのことができると信じている。日本はすでに多数の飛行機、ジェット戦闘機と旅客機の購入を予約している。私は金融や経済の世界が大好きだ。おそらく最も得意としている分野であり、課題を解決できるだろう」と述べました。
安倍総理大臣は「アジア太平洋地域は世界経済をけん引する強力な成長センターだ。日米で力を合わせて日米両国の貿易と投資を拡大していきたい。そのためにも、21世紀にふさわしい、自由で公正な枠組みをアジア太平洋地域に日米で拡大させていくことが大切だ」と述べました。
会談は1時間半余り行われ、両首脳は、自由で公正かつ相互的な貿易取引を実現するため、茂木経済再生担当大臣とライトハイザー通商代表による協議を始めることで合意しました。
安倍総理大臣とトランプ大統領は共同記者会見を行い、2日間にわたった会談の成果などを発表します。
また両首脳は初日に続いて、両国の政府関係者らも参加する夕食会に出席し、引き続き意見を交わすことにしています。

トランプ大統領 自動車市場の開放を日本に要求
2日目の会談の冒頭、トランプ大統領は「われわれは日本との間で巨額の貿易赤字を抱えているが、それを減らし、遠くない未来にバランスをとれることを望む」と述べ、貿易赤字の削減に意欲を示しました。
そして「日本は多くの戦闘機や旅客機を注文している」として、こうしたアメリカ製品の購入は貿易不均衡の是正に貢献すると評価しました。
そのうえで貿易について「私は自由で公正かつ互恵的と言うのが好きだ。われわれが自動車を日本に輸出する際には障壁を取り除かなければならない」と述べ、日本に対し自動車市場の開放を求めていく考えを示しました。
2日目の会談にはアメリカ側からペンス副大統領やライトハイザー通商代表、国家経済会議のクドロー委員長らも出席しました。